医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

最近は医療レーザー脱毛がリーズナブルな料金で受けられるようになりましたが、これから医療レーザー脱毛を始めようとしている人にとって副作用が気になっている人も多いのではないでしょうか。医療レーザー脱毛をしたあとの肌は軽度の火傷を負っている状態で非常に乾燥しやすくなります。火傷といっても日焼け程度なのでそれほど心配する必要はないですし、通常なら2、3日で治るものなので一時的に炎症を起こしているという状態です。しかし脱毛後の肌はダメージを受けやすいので施術後は入浴やサウナなどは避けるようにしましょう。雑菌が毛穴に入ってしまうと毛膿炎を起こしてニキビとなってしまうので、赤みが引かないようであればクリニックへの受診をおすすめします。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

“医療レーザー脱毛の施術に特有なトラブルの内容として、打ち漏れや火傷などがありますが、このような少なくなっている問題に備えるために、顧客サービスがしっかりとしているクリニックを選ぶことが肝心です。
この頃は、テスト照射の方法に気を使っているクリニックが増えており、保証制度の中身をじっくりと把握することで、何時でも安心して行動をとることが可能です。
そして、医療レーザー脱毛の再照射の費用の相場を把握することはもちろん、副作用やアフターケアのポイントをつかむことが大事です。”

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

“ワキに対して医療レーザー脱毛を行うと、ワキ汗の量が増えたという口コミを見掛ける事があります。ですがこれについては、体感から来る勘違いであると言えます。
そもそも医療レーザー脱毛に使う機器の出力では、汗腺に対して影響は及びません。寧ろワキガ治療等でレーザー施術がある事を考えると、影響が出るならワキ汗が減っても良さそうなものです。これらの点から、汗の量に変化が無い事は説明が付きます。
では何故汗が増えるように感じるかですが、これは脱毛が達成されて汗を留めていた毛が無くなり、より直接的に肌で汗を感じる事に理由を求められます。脱毛が成功した故の事象であり、副作用の類では無い事は知って置きたいものです。”

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

医療レーザー脱毛は安全性が高い施術ですが、人によっては赤みが出るなど、副作用と思うような症状が出る場合があります。医療レーザー脱毛の施術では、強い出力量を持つレーザーを照射するため、皮膚が軽いやけどを負ったような状態になります。部位によっては痛みも伴いますが、冷やすことで痛みが和らぎ、症状の悪化も避けることができます。脱毛後は肌が敏感になっているため、紫外線には注意しなければいけません。色素沈着しないように、日焼け止めクリームなどで紫外線予防をすることが大切です。また、施術後の肌は軽く熱を持っているため、湯船に浸かったり、サウナに入るなどの肌を温める行為は避けます。当日のお風呂はシャワーで軽く済ませるようにします。ほてりが残っているようでしたら、冷たいタオルなどで冷やすと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です